多血症患者の食事

多血症ガイドBOOK

スポンサーリンク

多血症患者の食事

スポンサーリンク

多血症患者の食事は、いつも以上に気をつけてとるようにしなければなりません。 通常よりも血液濃度が濃いため、まずは水分を取る必要があります。水分というと、ビールやジュース、コーヒーなどを積極的に取る方がいますが、実は逆効果です。 これらは水分とは言いません。最も良いのが水です。場合によってはお茶などでも良いのですが、お茶も純粋な水分ではありませんのでできれば水分をとるようにしてください。

また、多血症患者の食事として重要なのは脂や肉などを控える、一般的に言われている健康的な食事をする事が大切になってきます。 これは生活習慣病と同様に、野菜や果物などをなるべく多くとるようにしましょう。

または多血症患者の食事以外にもタバコ、ビールも控えるようにしましょう。
これらは法律では現在許可されているものですが、もともとは健康を害する毒物です。
そのため、これらの毒物を控えることで多血症の改善や再発、予防につながるのです。

また、戦後の日本人は基本的栄養をとりすぎています。
おそらく戦時や戦後直後の背景から今でもたくさん食べる事が健康につながると考えられていることから生じています。
生活習慣病やがんで亡くなる方が多いのがそれを物語っています。

スポンサーリンク

このサイトについてリンク集
2013 (C) 多血症ガイド allrights reserved.