多血症の治療

多血症ガイドBOOK

スポンサーリンク

多血症の治療

スポンサーリンク

多血症の治療としては一般的に瀉血が挙げられます。
瀉血とは血液を抜くことです。
多血症の治療は、血液を抜くことで血液濃度を下げることによって改善させるようにしています。

基本的に多血症の治療としてはこの方法を行うわけですが、一時的な多血症の場合は瀉血を行うことなく、それに応じた方法を行うだけで問題ありません。
例えば、脱水症状や嘔吐、下痢などによって多汗症になった場合、一時的な水分不足によって生じたものであるため、水分を補給することで回復に向かいます。
そのため、わざわざ瀉血を行う必要はありません。

このように大きく分けてこの2つが挙げられるわけですが、特に瀉血をしなければならない場合は、根本的な解決にはなっていない事が多いです。
例えば、肉や油のとりすぎて多血症になった場合、瀉血をして治ったとしても、また肉や脂をとりすぎた食生活を起こっていては再発してしまいます。
そのため再発の予防のためにも、食生活を改善する事が大切になってくるのです。

もちろん瀉血を行う事が悪いというわけではありません。
瀉血を行うことで症状の改善にもなりますし、生活習慣以外の原因もあります。
そういった背景から瀉血を行う事が悪いわけではありませんから、ご注意ください。

スポンサーリンク

このサイトについてリンク集
2013 (C) 多血症ガイド allrights reserved.