多血症の診断基準

多血症ガイドBOOK

スポンサーリンク

多血症の診断基準

スポンサーリンク

多血症の診断基準は血液検査によって判断されます。
血液検査によって出た数値を見て、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットのうちどれか2つ以上が正常範囲よりも増加している場合、多血症であると診断されます。

また具体的な多血症の診断基準をそれぞれの数値を述べますと、赤血球の数が600万/mm3、ヘマトクリットが55%以上、ヘモグロビン55%以上の場合、多血症であると考えられます。

もちろん血液検査の前には、まず病院に向かい、医師による診察から始まります。
そこで症状を話し、医師が多血症のおそれがあると判断した場合に血液検査を行います。

多血症の症状としては頭痛やめまいなどであるため、通常はなかなか自分では多血症であると判断する事ができません。
そのため、頭痛やめまいなどの症状が続く場合には、自分で判断するのではなく診断を受ける事が大切です。

医師が多血症の診断基準を理解していますので、診察の結果多血症が疑われる場合は血液検査に移り、その結果多汗症であると判断されれば水分補給や瀉血などの治療が行われます。

また、頭痛やめまいの症状は確かに多血症の診断基準ではありますが、だからといって多血症であるとは言い切れません。
頭痛やめまいになるほかの症状はたくさんあります。
そのため必ずしもそうではないということを理解しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

このサイトについてリンク集
2013 (C) 多血症ガイド allrights reserved.