多血症は早期発見、早期治療が大事!

多血症ガイドBOOK

スポンサーリンク

多血症とは赤血球が多い病気

スポンサーリンク

多血症とは赤血球量が多い病気です。 別名で赤血球増加量とも呼ばれています。 赤血球が正常範囲を超えている場合、頭痛やめまい、高血圧などの症状が起こり、さらには脳梗塞、心筋梗塞にもつながってくる病気です。 通常はなかなか自分では多血症であると判断する事ができません。 そのため、頭痛やめまいなどの症状が続く場合には、自分で判断するのではなく診断を受ける事が大切です。

 予防の仕方や食事の内容などこのサイトでは詳しく解説されています。

絶対性多血症

赤血球の産生が異常に亢進しているものをさします。 そのため、治療には瀉血を行う必要があります。 原因としては、高地での生活や睡眠時無呼吸症候群、心配疾患、骨髄の異常な増加などがあります。

相対性多血症

赤血球の産生が異常でないものをさします。原因としては、脱水症状やストレスなどがあり、比較的短期間で回復する事が可能です。そもそもの原因を解決することにより治る事が可能だからです。特にストレス性のものは肥満男性やヘビースモーカーに多く、生活習慣を改める必要性が出てきます。

このように、多血症は比較的治りやすいものから治りにくいものまであります。比較的治りやすいものであっても、放置することで更なる症状が出てくるため安心できない症状です。
そのため、早期に治療する事が何よりも大切になってきます。

 

スポンサーリンク

このサイトについて
2013 (C) 多血症ガイド allrights reserved.